採用への思い~
代表者インタビュー

interview

「優楽亭」では、どんな施設運営を行っていますか?

まずはコミュニケーションを大切にしています。 ご利用者様とのコミュニケーション、スタッフ間のコミュニケーション、そのどちらも大変重要です。経営者としても、介護の実務経験者としても、常に現場に関わりながら、ご利用者様とスタッフの日常を肌で感じるようにしています。こまめなミーティングを欠かさず実施し、その結果として、風通しの良い施設運営が実現しています。 優楽亭は地域密着型のデイサービスですが、ADL(日常生活動作)の改善と向上に特に力を入れています。横浜エリアで安定的なサービスを提供し続け、「困ったことは優楽亭に相談しよう」といった、地域で最も信頼を得られるデイケア施設を目指しています。

現在、優楽亭で活躍しているのはどんな人ですか?

介護の仕事をよく理解して自分で考えて行動できる、そして仲間と力を合わせて仕事に取り組むことのできる人です。経験者、未経験者にかかわらず、各事業所で活躍しています。 介護スタッフの就業理由は、ふたつに分かれます。

  • 最初から介護職を目指して専門学校などで学んだ
  • 家族や身の回りの被介護者がきっかけでこの仕事に興味を持った

理由がどちらでも、スタートが早くても遅くても違いはありません。問題は、選んだ「介護」という職務の中で、努力ができるかどうかです。ただ会社に雇われているから業務をこなしているのではなく、より積極的に行動し、自分の役割を創り出せるスタッフが、優楽亭を支えています。

会社として、どんな人材を求めていますか?

やはり、コミュニケーション能力があり、率先して行動できる人です。そして、うわべだけではなく、福祉の仕事にしっかりと向き合える人です。私自身も他業種から福祉の仕事に入ったので、初めはイメージとのギャップが生じるのではないかと思っていました。ですが、仕事に真剣に取り組んでみると、違和感は全くありませんでした。

人材育成(スキルアップ制度)について

ご利用者様にご満足いただくためには、スタッフひとりひとりが高い意識を持つことが欠かせません。当社では、資格習得制度を導入しています。特徴的なのは、業務マニュアルの中で工夫して時間を生み出していることです。また、サービスの向上が妨げられないように、人員補給や人材の確保にも気を配っています。どの事業所でも同じレベルのサービスを維持するために、管理者の育成にも力を入れています。

介護の仕事を希望する方にメッセージをお願いします。

私は、この仕事を選ぶ人を尊敬しています。数ある職業の中からこの道を選び、挑戦し、日々努力を重ねながら働いているスタッフには、心から感謝しています。採用情報に目を留めてくださった方々にも、それぞれの思いがあるでしょう。どんな仕事にも不安や迷いはつきものですが、このステージを選択して、一歩前へ踏み出そうとする人を、チームとして全力でサポートし、共に成長していきたいと考えています。