特養からデイケアへ
目標を持って仲間と一緒に働く喜び
白砂事業所 介護職員
岡部 幸太郎(20代 入社2年目)

特養からデイケアへ
目標を持って仲間と一緒に働く喜び

白砂事業所 介護職員
岡部 幸太郎(20代 入社2年目)

「優楽亭」で働こうと思ったきっかけは?

福祉の専門学校から特別養護施設に就職しました。その後、全く違う仕事を経験してみたいと考えて、石材店で働きました。やはり、介護の仕事をしようと考え、1年余り前に「優楽亭」の面接を受け入社。施設の方針や体制もさることながら、社長との面接でビジョンを感じられたことは、入社のきっかけになりました。特養での職務経験があったので、実際の仕事でギャップを感じることもなく、アットホームな雰囲気の中で仕事が出来ています。おやつや食事、レクリエーションなどを工夫しながら実施するなど、気配りや企画力も必要とされる点は大変ですが、スタッフ間のチームワークも良く、相談しながら進められるので、仕事がしやすく、やりがいを感じています。

利用者様と接する時に気をつけていることは?

尊敬する心で接することです。利用者様は、皆さん自分よりはるかにたくさんの経験を積まれた人生の先輩方です。認知症の方もそうでない方もいらっしゃいますが、「ケアが必要なお年寄り」である前に、年長者として敬うということが大切だと思っています。レクのプログラムを決める時にも、資料の「室内あそび」の本から、皆さんの気持ちになって遊びを選びます。意外に「勝負」が決まる遊びが人気なことも発見でした。 利用者様はもちろんですが、ご家族の負担を減らせるケアにも気を配っています。

どんな人と一緒に働きたいですか?

やっぱり「やる気」のあるひとですね。そして、20代など同じ世代の人にも沢山応募してもらいたいです。介護はやりがいのある仕事だということは、みなさん知っていると思いますが、やはり現場で利用者様やご家族からかけられる「ありがとう」の言葉には、本当に心が満たされます。自分らしさを大切にしながら、学んで働ける現場です。日々の仕事に楽しみを見つけて、一緒に働きましょう。